CNC マシニング センターで加工を行う前にどのような予防措置を講じるべきですか?

2023-08-10

CNC マシニング センターは、加工製品の品質を保証するために、加工中に加工図面の要件と寸法に従って加工する必要があります。 CNC マシニング センターは、マシニング センターで加工される製品の品質と寸法が非常に標準的であるため、現在さまざまな分野で広く使用されています。それでは次に、編集者に従って、CNC マシニング センターで加工する前の注意事項を見てみましょう。
1、 Precautions before CNC machining center processing
1. 新しい金型の場合、加工図面は要件を満たしており、データが明確である必要があります。新金型の加工図には監督者の署名があり、加工図の全欄が記入されている必要があります。
2. ワークピースには品質部門から認定された識別情報が付いています。
3. プログラム指令を受けたら、ワーク基準位置と図面基準位置が一致しているか確認します。
4. Clearly review each requirement on the program sheet, confirm if the requirements of the program and drawings are consistent. If there are any issues, they must be resolved together with the programmer and production team.
5. Based on the material and size of the workpiece, determine the rationality of the programmer's selection of cutting tools for rough or smooth cutting programs. If the application of cutting tools is found to be unreasonable, immediately notify the programmer to make corresponding changes in order to improve processing efficiency and workpiece processing accuracy.
2、マシニングセンタのクランプツールの注意事項
1. ツールはしっかりとクランプされ、ハンドルが短すぎないようにする必要があります。
2. 各切削工程の前に、工具が要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。切削加工の長さは、プログラムシートに記載された加工深さを基準として決定します。通常、加工深さの値2mmより若干長めとし、工具ハンドルの衝突などを考慮してください。
3. 加工深さが非常に深い状況に遭遇した場合は、プログラマと連絡をとり、必要に応じて工具を 2 回穴あけする方法を使用できます。つまり、最初に長さの半分から 2/3 の穴あけをし、次に長さの半分からさらに長く穴あけをします。より深い位置まで加工が可能になり、加工効率が向上します。
4. 延長ケーブルニップルを使用する場合、ツールの深さや必要なツールの長さなどのデータを理解することが特に重要です。
5. カッティングヘッドを機械に取り付ける前に、テーパーフィッティング位置をクリーニングクロスできれいに拭き、工作機械スリーブの対応する位置も清掃して、フィッティング表面の鉄粉が精度に影響を与えたり、カッティングヘッドを損傷したりしないようにする必要があります。工作機械。
6. 通常、工具長さの調整は先端ツーチップ方式(特殊な場合は工具の途中で調整)で行いますが、工具調整時にはプログラムシートの指示をよく確認してください。
7. When the program is interrupted or needs to be re aligned, attention should be paid to whether the depth can be aligned with the front. Generally, the height can be increased by 0.1mm first, and then adjusted according to the situation.
8. 回転格納式カッティングヘッドの場合、水溶性切削液を使用する場合は、メンテナンスのために半月ごとに潤滑油に数時間浸す必要があります。これにより、カッティングヘッドの内部コンポーネントが潤滑され、摩耗が防止されます。